悪徳業者はバイク買取業者の中にも

バイクを売る時に、いくつかのバイク買取業者に査定をしてもらうかと思います。

その時に注意したいのが悪徳業者です。

このような業者は排除されつつありますが、残念なことにまだ存在しています。

悪徳業者の特徴をいくつか挙げておきますので、参考にしてください。

【買取額が大幅に低い】

バイク買取の悪徳業者の特徴としては、買取額が他の買取業者に比べて極端に低いと言われています。

優良業者と比べると数十万円の差が出ることがあります。

そして、強引に成約しようとします。

また、「これは人気がないバイクだ」「状態が良くないから安いのは当たり前」などと言って即決させようとします。

【対応が良くない】

悪徳業者は、社員教育が行き届いていないために対応が悪く、トラブルが多いと言われています。

なれなれしく話しかけたり、商談の見込みがないと態度を急変させることがあります。

そのようなことがあったら、絶対に成約せず、早々に帰ってもらうようにしてください。

【悪徳業者を利用しない方法は】

何軒かに査定を依頼してその中に悪徳業者がいたら、成約しないようにしましょう。

悪徳業者に引っかからないようにするには、実績がある大手のバイク買取業者を利用すると安心です。

ある程度の知名度がある業者だと、社員教育も行き届いているので不快な思いをすることはありません。

比較のために大手ではない業者にも依頼することになったら、同じような業者を複数軒集めるようにしましょう。