動かないならバイク買取に?まず原因究明から。

バイクに乗っていれば故障なしで楽しめることなんてありません。

むしろバイク買取に出そうかと悩んだときこそ、ホントのライダーになれるチャンス。

私の経験から、エンジンが動かないなら、まず原因を究明してもらい向き合うことからスタートすべきとアドバイスさせてもらいます。

■バイク買取に出す前に原因を調べてもらう。

とても失礼な言い方になってしまいますが、いま乗っているバイクに愛着のない人は、バイクが少し故障しただけで、バイク買取に出そうと、そちらの方向ばかり考えてしまうようです。

たしかにエンジンの不具合が重症化してバイク買取の道しか残されていないケースもありますが、そうではなく比較的軽症で済んでしまう事例もあります。

ちなみにエンジントラブル重症化の原因とされるものには、キャブレーターの故障、CDI(コンピューター)の故障などがあります。

重症化してはいても、修理の金額にすれば数万円で済みます。

■プロに問われてもバイク買取には出さない。

私は長い間、女性ライダーとして楽しんできました。

新車のバイクも中古のバイクも乗り回し、仲間とツーリングにも出かけました。

当然ですがこれまでのあいだに、ジェネレーターがいかれてしまったり、スタータースイッチがダメになってしまったり、セルモーターが摩耗して、それが原因でエンジンが動かない状態になったこともあります。

メカニックからは『かなりの重症ですね』と言われましたが、だからといって、自分の愛車をバイク買取に出すことはしませんでした。

■重症でも軽症でも、3万円~5万円程度のお金で済むなら、バイク買取に出すのは見送りましょう。

壊れたら買い替えたらいいという発想では、メカに強くはなれません。

病気の子どもを何とかして治そうとする母親と同じように、とくに女性のライダーは、バイクの病気と向き合って欲しいのです。

そうなったときこそホントのライダーになれるチャンスだと思ってください。